>>>サイトマップ
慈眼寺家紋
目次 交通案内雑記(ブログ)境内案内
お使いのブラウザソフト・・・
池にかかるしだれ桜
鐘楼のしだれ桜
本堂付近
しだれ桜花びら
鐘楼付近

慈眼寺のしだれ桜


木の下に 汁もなますも さくらかな 翁」

桜の木の下で花見をしていると、そこに花びらが散ってきて、

おかげで汁椀といわず膾といわず、

何もかも花びらで一杯になってしまう

慈眼寺には芭蕉の句碑も境内に建立されており、古来よりしだれ桜の名所とし
て知られています。1250年まえの昔、聖武天皇の御代に良弁僧正が慈眼寺を
開創された後、南北朝の末、中興の折に乗弘大徳が『本尊聖観音の慈悲を里人
に』との願いを込めて植えられたのが、慈眼寺のしだれ桜です。

移り変わる時の流れの中で、人の世相も変わっていますが、人の心の中でいつ
も求められている古風な寂(さび)や気品高い優雅さを、650年の間咲き続け
きたこの桜は深く感じ取らせてくれます。

桜開花情報 桜開花情報ブログへ
少将桜の伝説 少将桜の伝説
しだれ桜(昼間)
しだれ桜(ライトアップ)

写真をクリックすると別画面が開きます
| 縁起 | 境内案内 | しだれ桜| 少将桜の伝説 四季の彩り| 永代供養墓 | 交通案内 | 雑記(ブログ)| ボーイスカウト活動 | リンク集 |