>>>サイトマップ
慈眼寺家紋
目次 しだれ桜 交通案内 Facebook ボーイスカウト活動 境内案内
山門正面


華敷山補陀落院慈眼寺は1250年の歴史を持つ、高野山真言宗のお寺です。
慈眼(じげん)とは、観音様の慈悲の目が凡ての人々の上にそそがれるようにとの願いを。華敷 (けふ)とは、春の庭に垂れた枝に咲き競う桜の華が、地面までも敷きつめる姿を。そして補陀落とは観音様の浄土を表しています。

境内のしだれ桜はもとより、自然豊かな庭に咲く花々が、本尊聖観世音菩薩の慈悲の光とともに、人々の心の浄化を祈念しております。


お使いのブラウザソフト・・・

◇ 境内しだれ桜の養生の為、花見行事、ライトアップは自粛させて頂いています。

◇ 4月 8日 花まつりは例年通り行います。


◇ 桜の開花状況は雑記をご覧ください。
| 縁起 | 境内案内 | しだれ桜| 少将桜の伝説 | 四季の彩り| 永代供養墓 | 交通案内 | 雑記(ブログ)| ボーイスカウト活動 | リンク集 |